石垣島でグラスボートツアー!一周道路沿い伊野田漁港発『さんご礁の海から』

石垣島のドライブコースに!浦底農道!

石垣島の観光スポットとしては、日本百景川平湾、最北端平久保崎灯台。この二つは、初めてお越しの方がドライブをした際に、外さないコースの一つではあると思います。

でも、せっかくだったら、変化球!ちょっとメジャーでないスポットもいかがでしょうか?

だって、ここは石垣島!

海がきれいに見える場所は、どこに行ってもいっぱいあります! 重要なのは、海と何が見えるかだと思います! その点、今回ブログでお勧めしたい場所は、

浦底農道です!

東海岸から西海岸に山越えをする地元の方が使う道です。移動手段としてよく使われるこの道は実は絶景です!海だけでなく、野性味あふれる山の風景も楽しめるスポットです!

それでは地元の方が利用する浦底農道、ご紹介いたします!

穴場観光スポット、浦底農道からの絶景

浦底農道は、地元の方が石垣島の東海岸から西海岸へ。農家さんは畑を転々と移動するときや、笹川も山を越えた集落の方に用事がある時に利用します。

この山越えの道がないと、さらに北、伊原間の集落を迂回するとなると、10分で済む場所が30分、40分と大幅にかかってしまいます。

地元の方が利用する山越えの農道です。GoogleMapの航空写真で見ると、こんな感じの道です。

浦底農道 航空写真

山を越えている様子がわかりますね!伊野田漁港から山を目指して、西へ!途中振り返ると、東海岸のきれいなエメラルドグリーンの海が見ています。

振り返ると東海岸

あのエメラルドグリーンの海が、さんご礁の海からのグラスボートを行っている海です♪

そして西海岸への下り坂。一つ目の橋が見えてくると、

山間の絶景の登場です!

さらにもう一つの橋の途中の景色。

西海岸を一望です。

西海岸の海を見ながら、遠くに日本百景の川平湾が見えています♪この見え方は、

石垣島といえど数少ない山と海が見える場所です!

ちょうど二つ目の橋が見えるあたりがおすすめです。

タイミング会えば、天然記念物に遭遇も

この浦底農道は、山の越えるため、回りは木がいっぱいです!そうなると遭遇するいろんな生き物がいっぱいです!

石垣島が代表する天然記念物カンムリワシ

石垣島が誇る天然記念物、カンムリワシ

さらに天然記念物のセマルハコガメ

その他には、キジにクジャクにイノシシ!いろんな生き物に遭遇する場合もあります。もちろん生き物です。必ず会えるわけではありません。

浦底農道への行き方、場所

浦底農道は、石垣島北部よりの立地です。空港から車で10分と少しです。伊野田漁港でグラスボートを楽しんでからぜひ、寄ってみてください。伊野田漁港からは、5分あれば到着します。

そして西海岸に行けば、さらに北部を目指して観光ドライブもしくは、川平湾を目指すのもスケジュールとしてはよいと思います。

観光する際の注意事項

浦底農道は登り坂と下坂が続きます。短いコースではありますが曲がりくねった道です。車の速度は落としてゆっくりと通過してください。途中、いろんな生き物が出てくる可能性もあります。やはりゆっくりゆっくり運転が基本です。

また途中見える絶景場所。橋にそのまま車を止めるのではなく、車の待避所がありますので、そちらに車を停めてから景色をお楽しみください。

車の待避所

地元の方が利用する道路です。日常生活の邪魔にならないように配慮頂ければ幸いです。

地元の方が西海岸から東海岸に山越えをする道。伊野田漁港から車で10分の浦底農道は、有名な観光スポットではなく隠れ家的スポットです。

路上駐車はやめて、待避所に駐車。そうすれば、時間は無制限で石垣島の海と山と空をお楽しみいただけます!

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です