石垣島でグラスボート!二組限定の新規開拓エリアのツアー

船酔いせずにグラスボートを楽しむ方法

マリンレジャーの心配事、不安事の一つとして、よく上がる一つとしては、

乗り物に弱く、船酔いが不安です。

ということをよく伺います。

さんご礁の海からのグラスボートツアー。船酔いのしないように快適に楽しむコツ!しっかりアドバイスをしながら行っております。

スタッフ笹川の家内は、ボートに乗って3分で船酔いをする、神業的に乗り物にとても弱い体質ですが、それでも30分のグラスボートツアー。船酔いせずに楽しむことができました。

そのコツ、お伝えいたします。

まずは、船酔いの原因

医学的には、『動揺病』『加速度病』と言われるそうで、乗り物によって、呼び方が、『車酔い』『船酔い』『空酔い』そしてマリンレジャーを行っていると、さらに、泳いでいる時、波の揺れで酔う、『波酔い』。カヤックでも気持ち悪くなってしまう方もいます。

そんな観光ドライブの大敵、船酔い。

原因とされているのは、目からの情報と耳からの情報を脳に伝達の際におこる、『ズレ』に伴っておきるといわれているそうです。

目で見た情報を脳に送る。
耳の中、三半規管、耳石器でとらえた体の揺れの情報を脳に送る。

目で見た映像と耳でとらえた体の揺れにズレがあるから、脳がどうしましょう、どうしましょう!
脳の情報量が過剰になったり、処理しきれなくなると、自律神経が乱れ、乗り物酔いの症状につながるそうです。

ちなみに、乗り物酔いの症状には段階があります。

1.めまい、生あくび、生つば
2.頭痛、顔面蒼白、冷や汗、吐き気、胃の不快感
3.嘔吐

です。これはとっても不快です!せっかくのご旅行、船酔いでボートに乗るんじゃなかった!なんて後悔しないようにしましょう!

そして船酔い対策

船酔いの仕組みとしては耳、目から脳への情報伝達のズレではありますが、不安やストレス、緊張などの精神状態でも船酔いにつながりやすいとされています。

そしてシュノーケルツアーを行っているさんご礁の海からの船酔い対策としてよくお伝えする、やってはいけない船酔い対策は、

満腹、空腹、疲れ、睡眠不足

これはNGとご案内させて頂いております。また朝食には、医学的根拠は不明ですが、

うめぼし、しょうが

を食べるとよいとされていて、柑橘系は避けましょう!
という方もいらっしゃいます。

唾液の分泌をよくして、顎を動かす。三半規管を活発に動かしておくというのがその理由のようです。

折角の沖縄、ご当地の梅干しとしては、スッパイマン。

あとはやはりお薬に頼る対策が一番良いかもしれません。
ちなみに酔い止めのお薬は、医薬品となるため、販売、譲渡はできません。あらかじめご準備ください。

ちなみに一日中、海にでるダイバーの方々からよく好評なのは、アネロンです。

ただ、酔い止めといっても体質に合う、合わないは個人差があります。乗り物に弱い方ほど、旅行前にその効果、副作用をしっかり試して、専門の方のアドバイスを頂いた方がよいと思います。

また忘れてしまった!という方、バファリンなどの頭痛薬でも酔い止めには効果があるとおっしゃっている医療関係の方もいらっしゃいました。ご参考まで。

グラスボートツアーでの対策

そしてここからが重要です!さんご礁の海からのグラスボートツアーにおいての船酔い対策をご紹介します。ボートが出港して、まず最初に伺う質問が、

船酔いしやすい方はいますか?

から始まります。

八重山を取り巻く海の環境は、年々良くはなっていません。そのため、残っているところにはサンゴはいっぱい。 というのが現状です。

まずは港を出ると、サンゴ群落まで一気にボートを走らせていきます。

その間はガラスを覗かない。

陸の景色をお楽しみいただくのがベストです。

スピードを上げている時に水底を覗くと目まぐるしく変わる風景。船酔い度は高くなります。

グラスボートは陸の風景をお楽しみいただけるように側面はクリアータイプのテントを使用しています。

ボートからエメラルドグリーンの海です

石垣島北部のシンボルと言われるとんがり山はマーペー岳。

東側からこの山を見るには海に出ないと見れません。レアショットです。そしてエメラルドグリーンの海を楽しみながらサンゴ群落に到着です。

ここからはサンゴとお魚さんを楽しんでいきましょう。

水中を覗くタイミングと遠くの陸の風景を楽しむタイミング。それぞれを切り分けることによって、船酔いを最小限に控えることが可能です。

今のところ船酔いで気持ち悪くなったお客さんはいらっしゃいません。

もちろん少人数で行うツアーです。ガラスを覗くタイミングと陸の風景を楽しむタイミング。しっかりとご案内させていただいております。

船酔いの心配がなくなれば、もう大丈夫です。気兼ねなく海を楽しめますね!

まとめ

グラスボートを快適に楽しむ方法。心配なのは船酔い!大丈夫です。ご安心ください。船酔い対策は目と耳で感じる揺れから生じるズレ。 その原因を最小限にしながらツアーを行っております。陸の風景を楽しむタイミング、ガラスを覗いて水中を楽しむタイミング。切り分けをすれば、船酔いしやすい方でも水中世界を楽しめます。少人数でのツアー、船酔い対策をしっかりご案内しながら行っております。

これでボートに乗ることを恐れることはありません!折角の石垣島旅行、水中世界も楽しみましょう!

ではでは


石垣島東海岸、伊野田漁港発グラスボートツアー。空港から車で10分のアクセスの良さ、石垣島北部を観光ドライブついでにぜひお立ち寄りください。
またグラスボートのホームページには、石垣島旅行に役立つ、観光情報、豆知識ブログに掲載中です。

準備物、持ち物は何も入りません♪手ぶらで楽しめるグラスボートはおすすめアクティビティです!
石垣島の過去の天気からみる気温と服装、持ち物のススメ
石垣島の梅雨入り、梅雨明けって?年間を通しておすすめの時期
石垣島観光、ドライブついでにグラスボートがおすすめのわけ
見渡す限りの海を独り占め!伊野田漁港ってどんなところ
お子様からシニアの方まで楽しさを共有!それがグラスボートです!

ぜひご覧ください。


インスタロゴ

さんご礁の海からの口コミです。よろしければ、ご覧ください。

トリップアドバイザー さんご礁の海から 

google 口コミ シュノーケル

google 口コミ グラスボート


お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ ご連絡

石垣島一周道路沿い、東海岸でのグラスボートツアー
さんご礁の海から へのお問合せは、
電話番号 090-4291-7531
メール info@from-ishigaki.jp

気まぐれ開催につき、ご利用予定の方は、出港案内をご覧ください。

シュノーケルツアーも開催しております。
詳細は、ホームページをご覧ください。
石垣島のシュノーケリングショップ さんご礁の海から
石垣島の天気や気温、服装に持ち物。観光スポットなども併せてご紹介しています。

リンク 口コミサイト

インスタグラム さんご礁の海から
FaceBook さんご礁の海から グラスボート

ご参加された方、お気に入りいただけましたら、口コミお願いいたします。

google 口コミ グラスボート

グラスボートツアーのブログ

新着ブログ

ガツン!とくる陽射しです! 朝9時の陽射しでございます!朝日の時間が終わって数時間もたてば、 今日も無傷では帰...
2020年7月14日
さぁ7月も中旬、例年にない強い南風が一か月ほど続いた石垣島ですが、やっとおさまりはじめています! 風があると...
2020年7月12日
石垣島東海岸、二組限定のさんご礁の海からのグラスボートツアー!今日も楽しんで頂いております♪ 二組限定と言い...
2020年7月7日
朝日良ければ、夏空広がります♪グラスボート日和は続きます!
7月に梅雨明けが発表されてから石垣島の天気は快晴が続いております♪空は夏空が広がり、教科書通りの白い雲がぽこ...
2020年7月5日
石垣島旅行最終日、フライト前にグラスボート
早朝は、小雨パラパラと。でも太陽さんが登るころには雨は止んで曇り。そして午後からは青空広がる一日となりまし...
2020年7月4日
石垣島の東海岸、早朝、日の出グラスボートツアー
先日、ふと思いついて始めました!さんご礁の海からは石垣島の東海岸で行っているグラスボートツアーです。 そう、...
2020年6月30日